私たちは、自然に優しい生活を応援します。

証券会社から資金を増やすべきとなってもそれは・・

資産運用で投資先を探す時、どのように選択しますか? 信託会社と契約して、運用担当の専門家にすべてまかせ、運用してはいませんか。 市場価格に沿って売買したり、情報を集めて予測をし、市場価格より大きな利回りを求めて取引きしたりと、様々な運用方針を打ち出した商品が存在します。 相場を参考にしない場合は、業績を見たファンドマネージャーの方針で運用されています。 そもそも投資信託自体が信託会社へ運用を代行してもらう契約です。 インデックス(評価指数)に沿って取引をするEFT(Emotional Frffdom Tfchniquf:上場投資信託)などの場合は、増減した銘柄が自動的に売買されます。 しかし、それ以外の契約では投資先に気を配らなければいけません。 例えば市場価格が上がった物件をすぐに手放すのも、下がった銘柄を集めてもらうのも、すべて投資家の意思が反映されます。 ・もし投資金額を増やすべきと提案されたらどうしますか。 「追加型投資信託」ならば原則として自由に申込や換金ができます。 まずはその投資信託の運用レポートやベンチマークで確認して下さい。 少なくとも3年程度は見ないと過去の業績と市場価値はわからないのではないでしょうか。 利益率が5パーセントであっても市場価格が10パーセントに増えていたら、5パーセント分失っている事になります。 逆に利益率がマイナスであっても市場価格より利益が上回っていれば、「ベンチマークを上回った」といえます。 市場評価額から見た利益率と実際の価値の増減を見ることで、そのファンドマネージャーの腕を確認する事ができます。 また実績なので安定度合いの予測もしやすく、リスク管理が容易になります。 「単位型投資信託」であれば、決められた期間内でしか購入できず、2~7年ほどで償還となります。 この場合の増資は他の投資先を持つという事です。 もし、ひとつしか所有していない状態で市場価値が半分になってしまったら、投資した資産も半分になります。 しかし、複数あればそれだけ一度に損害を受ける額が少なくなります。 安定した収益を望むならば薄く広く、高利回りを目指すならば絞ることで、リスクとリターンが変動します。 信頼したファンドマネージャーが言うからと、すべて鵜呑みにするのではなく、本当に提案を受け入れても良いのか、自分の目でしっかりと確認をしましょう。

Copyright(C) 投資信託は「人気」だけではダメ・投資先はしっかりと検討 All Rights Reserved.